京つう

  イベント  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
コモンミールKYOTO
「京都国際レストランネットワーク」111グループと、情報を結ぶ音楽・映画・藝術・演劇・文化情報ネットワーク。国際文化交流の情報。・大学・京都発信のメディア・出版社とも連携。

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by 京つう運営事務局 at

2010年11月23日

アルゼンチンタンゴ&ベリーダンス

12月12日日曜日
今出川の上七軒交差点上る「カフェ フロッシュ」で、タンゴ・グレリオのバンドネオンとジャミーラさんのコラボライブがある。17時半スタート チャージ¥2000+ドリンク代別
090-1891-9766
  

Posted by コモンミールKYOTO at 23:53Comments(0)京都国際音楽映画文化ネットワーク

2010年03月05日

「北野商店街エンゼルハウスでライブ募集」

「京都国際レストランネットワーク」と「京都プロデユース協会」「NPOふるさとテレビ」もサポートする月に1度の「北野バサラ」が4月から始まります。

「北野商店街」が、天神さんの前後に「北野物産展」を開催するに当たって、「エンゼルハウス」が、全面協力で広場を提供するものですが、この広場は屋外ですが、舞台があるのです。せっかくなので、舞台を使って様々な音楽などのイベントをやっていこうと考えています。定例化するのは、4月27日火曜日・5月25日火曜日です。食べものの出展は40店舗限定。これまでに京都の地ビール3店舗が出たり、鯖街道直送の食べ物も出たり、太鼓のパフォーマンスがあったり、舞踏があったり。

特に、これからは、国際ネットワークが前面サポートしていって、国際色豊かなイベントにしていきたいのです。アゼルバイジャン料理店などが出展を予定しています。今「ぐるぐるかふぇ」「ライブもあるいちなん」「ストリートミュージシャンが集うNZカフェ」なども仲間に呼びかけようとしています。

もちろん舞台の出演料などは出ませんが、毎月の恒例イベントになるので、北野国際祭り的空間に持って生きたいので、どなたか面白がってくださる方がおられればよろしくお願いします。

参加希望者は、北野商店街「とりゐ」さんか 「京都国際レストランネットワーク」代表世話人の「キエフ」のこやまあきゆきまで。075-525-0860(お電話は午後2時以降)  

Posted by コモンミールKYOTO at 01:32Comments(0)京都国際音楽映画文化ネットワーク

2010年02月22日

京都プロデユース協会

「京都をプロデユースする」をテーマに、京都のホームグランドを置き、京都の各方面で活躍するプロデユーサーの親睦団体として約7年前に結成された。映画・音楽・舞踏・ファッション・写真・マスメディア・美術・京都の伝統文化・・・・
2010年2月の会合で、パリコレカメラマンで、ファッションプロデユーサーとして錦市場でのファッションショーなども手がけられた、元サッカーの「サンガ」のイメージプロデユースも担当された坂口澄夫さんが、2代目会長に選出された。代表世話人の杉本さんは、新聞・FM他京都のメディアの立ち上げ他各方面にかかわっておられる。昔から坂本龍馬研究家としても有名。また「京都市中央市場新聞編集長」も担当されている。事務局は、今回の会合で「京都映画センター」代表の竹内守さんの担当となり、同協会事務局も「京都映画センター」(河原町二条西入る)に移された。

今回、「京都プロデユース協会」には、京都の様々な文化芸術関係のプロデユーサーが参加しておられるので、「京都国際レストランネットイワーク」と連携する「映画・音楽・文化ネットワーク」の代表世話人組織を「京都プロデユース協会」にお願いしました。その結果、「京都映画センター」が同ネットワークの代表世話人会になります。竹内さんは、全国映画センターの代表でもあります。映画センターとは、一部既存の映画館も含め、映画上映を、様々な会館・大学・学校・公的機関他で上映する仕事を担当しておられます。その為に京都の様々な機関と連携しておられますので、このネットワークの事務局としても趣旨に強く賛同してくださいました。

偶然にも、坂口さんが錦市場と太いパイプをお持ちで、杉本さんが中央市場新聞編集長。市場でも食の安全第1に、各界の専門家との交流を深める機会が多くなったそうです。頼もしい応援団です。

  

Posted by コモンミールKYOTO at 22:22Comments(0)京都国際音楽映画文化ネットワーク